サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、2011年に施行された「高齢者住まい法」に基づいて導入され、介護不要な高齢者、もしくは要介護度の低い高齢者のための介護施設のことを言います。民間事業者などによって運営される介護施設で、「サ高住」「サ付き」などと略されることもあります。
これは、国土交通省と厚生労働省が連携して、高齢者の住まいの安心を確保する取り組みが強化されて始まった制度です。「サービス付き高齢者向け住宅」には、介護保険と連携し、日常生活や介護に不安を抱く「高齢単身または高齢夫婦のみ世帯」が、住み慣れた地域で安心して暮らすことができるように、という目的があります。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴としては自由な生活を送れることです。マンションで暮らすように、ご自身のペースに合わせた生活を送ることができます。

全ての施設でケアの専門家が日中建物に常駐し、少なくとも状況把握と生活相談サービスを提供します。
また、人員基準は以下のいずれかの者が日中常駐していることが基準となります。

社会福祉法人・医療法人・指定居宅介護サービス事業者の職員
医師
看護師
介護福祉士
介護支援専門員
ヘルパー2級以上の資格を有する者