住宅型有料老人ホームとは

■住宅型有料老人ホームとは

「住宅型有料老人ホーム」は、施設スタッフによる食事・掃除などの生活支援サービスや見守りなどのサービスを受けることができる老人ホームです。
介護サービスは別途サービスを契約することになるので、入居する施設方デイサービスや訪問介護を利用する人も多いです。
もちろん、介護が必要のない「自立」の方も入居可能です。
レクリエーションなどもあり、人に会う機会も増えるので日常生活を安心して送ることができます。

■住宅型有料老人ホームのサービス内容

「住宅型有料老人ホーム」の主なサービスをご紹介します。

①生活援助

食事・入浴・掃除といった基本的な生活援助を受けることができます。
介護サービスとは異なり、あくまで生活援助の範囲となります。
健康管理などの食事サポートもあるため、バランスのとれた食事を毎日とれるということもあり、栄養面も安心です。

Point

②見守りサービス

利用者様が安心して暮らせるよう生活を見守るサービスです。
日中は、スタッフが常駐しているため、万が一何かあった時でも安心です。
困ったことがあればすぐに援助を受けることができるというのも入居者様自身も、またそのご家族も安心できる要素となっています。

Point

③緊急対応

協力医療機関などが施設内に備えられている施設も多く、緊急時の対応も安心です。
医療スタッフが常駐している施設もあり、急な病気やケガにも迅速に対応可能してくれます。
また、日常の健康相談なども対応しているため、異変が起こった場合にはすぐ対応ができるのも嬉しいポイントです。

Point

④レクリエーションサービス

住宅型有料老人ホームでは、スタッフ考案のレクリエーションなどを楽しむことができます。
楽しむことができるものから、体操やカラオケなどのアクティブなものまで幅広く企画されるケースが多いです。
他の利用者様との交流や頭・体を使うことは、脳の活性化にも繋がります。

Point

■住宅型有料老人ホームのメリット

「住宅型有料老人ホーム」の主なサービスをご紹介します。

①ケアプランのカスタマイズ可能

介護サービスがついておらず、入居者に必要なケアサービスのみを外部にお願いすることになるため、自身のお悩みに合わせて必要なケアだけを選択することができ介護付きの施設に入居するよりも割安で入居可能です。

Point

②自由度が高く、自立した生活を送ることもできる

住宅型有料老人ホームでは、基本的に生活援助のサービスはありますが、体が元気な「自立」の方であれば、自由度も高く入居者ご自身で生活を送ることができます。

Point

③コミュニケーションの機会が多い

住宅型有料老人ホームでは比較的、レクリエーションや習い事など他者との関りが多く生活できるサービスも多くあります。
そのため、入居者同士での交流の機会も多いため、日々を楽しく過ごすことができます。

Point